My Love For Ibiza

2019年こそはイビサに行こうと思っている方々へ

イビサのオススメクラブ~Ushuaia編

私が10数年イビサに行った中で、プラヤデンボッサ地区にある「Ushuaia(ウシュアイア)」を筆頭に、昼間の大型イベントが増えたことがイビサにとって一番大きな変化かもしれません。
 
 
そもそもイビサにクラブがオープンした70年代は、PachaもAmnesiaもKu(現Priviledge)もオープンエアーのクラブだったのですが、その後当局の指示によりインドアの運営となり、つい最近まで屋根がない状態で音を出していたのは小規模のビーチクラブくらいでした。
 
Ushuaiaも元々プラヤデンボッサにあった小さなビーチクラブだったのですが、その人気からホテル運営にまで発展、ホテルの部屋に囲まれたプールエリアを大型のクラブフロアとして再設計し、その雰囲気が著名DJからも「昔のイビサのスピリットを感じることができる」と高い評価を受けました。
その後Pacha系列のDestinoやBlue Marlinなどもこぞってオープンエアーイベントを開催するようになり、音楽も楽しめるビーチクラブのトレンドがスタートしています。
 

f:id:myloveforibiza:20190422222039j:plain

ラインナップも超がつくほど豪華で、David GuettaやMartin GarrixなどEDMのスーパースター達のレジデント・イベントが毎週開催されており、悲しいことに3年前急逝してしまったAviciiのラストライブはここでした(Netflixの彼のドキュメンタリーでその模様を少し見ることができます)。

f:id:myloveforibiza:20190422222242j:plain

 
ですがEDMばかりでなく、ANTSというテクノをメインとしたイベントもスタートさせ、最近では他の都市でも同名のパーティーを開催しています。
 
私も昨年ANTSに行きましたが、お客さんはパンパン、昼間のイベントとテクノが盛り上がっていることを感じました。

f:id:myloveforibiza:20190422222117j:plain

 
また会場が空港から近いこともあり、ホテルの頭上を飛行機が爆音で通り過ぎるのもイビサらしい空間です。
 

f:id:myloveforibiza:20190422222159j:plain

ホテルの中庭でのイベントですのでオールナイトではイベントは開催されておらず、毎晩夜11時には終わります。ですので夜はぐっすり寝たいという方にもオススメできますし、その会場の開放感は、夜イベントに行く人にも是非一度感じてもらえたらと思います。
 
場所はプラヤデンボッサエリアにありますので、この地区に泊まっている人であれば徒歩で行くことが可能です。
 

 
そしてUshuaiaアはホテルでもありますので、自分の部屋のバルコニーからイベントを楽しむといったラグジャリー感溢れる楽しみ方もできます、高いですが!

イビサの絶対行くべきクラブ~Pacha編

内装、客層、サウンド…全てにおいてイビサのグラマラスな側面が表現されているクラブが「Pacha(パチャ)」です。

 

毎年Pachaに行くと、「あぁ、今年もイビサに戻ってこれた…」と実感できるので、イビサに行ってPachaに行かない年はありません。
 
1973年にイビサに最初にオープンしたクラブで、スペインらしい白い珪藻土の壁が目立つインテリア、オープンエアーだった頃をイメージさせる内装、赤いチェリーをモチーフとした可愛らしいロゴやデコレーション、世界中のセレブリティを魅了する煌びやかな客層と雰囲気、旬なDJだけでなくクラブに合った若手DJもヘッドライナーとして招く大胆なキュレーション…他に例のない、まさにPachaでしか体験できない場所です。
 

f:id:myloveforibiza:20190422215540j:plain

VIPのお客さんも多いため元々VIPエリアが広いクラブでしたが、毎年VIPエリアが徐々に広がっており、一般のお客さんが踊れるダンスフロアが狭くなっていたことが問題視されていました。
 
ですが昨年からDJブースがクラブの真ん中に移動したことでフロアの雰囲気もよくなり、サウンドシステムも最新のものに変更されていました。
 

f:id:myloveforibiza:20190422215740j:plain

 
クラブにはレストランが併設されており、レストランで食事をした人は無料でクラブに入ることができます。
また真向かいにあるホテル「El Pacha Hotel」に滞在している人も無料で入場することができますので、滞在中Pachaに数回行こうと思っている人は、少し高くても El Pacha Hotelに泊まることを検討してみてもいいと思います。
 

f:id:myloveforibiza:20190422215717j:plain

 

場所はタラマンカ地区にありますので、タラマンカ地区に宿泊の場合は徒歩、それ以外の方はタクシーかDisco Busで行くのがベストです。
 

 
今年のイベントはまだ全て出揃っていませんが、昨年までAmnesiaで開催されていたモンスターテクノパーティー「Music On」が今年Pachaに移ったのが大きな出来事でした。またDixonそしてClaptoneが新しくレジデントDJとなっています。
 
またCalvin Harrisのイベントも数回開催され、人気パーティー「Solomum+1」や「Flower Power」も今年もPachaでの開催が決定しています。

f:id:myloveforibiza:20190422220738j:plain

 
どういう音楽が鳴っているかがわからなくても、内装や客層、雰囲気などで十分楽しめるクラブですので、イビサに行かれたら是非行ってみてください!

イビサで世界最高峰のクラビングをするために準備すべきこと

前回のブログで「イビサで絶対体験してほしいこと①」に挙げたクラビングですが、この小さな島には3千〜1万人収容可能なクラブが複数あり、ハイシーズンには毎日各クラブでイベントが開催されています。

f:id:myloveforibiza:20190412165739j:plain

 

毎晩、世界トップクラスのDJ達がどこかでプレイしていますので、正直どのイベントに行ったらいいか毎晩迷うくらいです。

 

イビサのパーティーのエントランスフィーは平均して45ユーロ程度、ドリンクも一杯15ユーロ程度と確かに高めですが、世界最高峰のサウンドと演出で最先端のクラブミュージックを体感できます。

f:id:myloveforibiza:20190412171029j:plain

クラブ間の競争が激しいこともあり、お互いに切磋琢磨しているので、サウンドシステムや照明、そしてバーテンダーやセキュリティーの教育まで徹底しています。ですのでクラブ内で危ない目にあったことなど一度もありません。
 
クラブカルチャーが好きで集まった全世界中のクラバー達は非常にフレンドリーですし、客同士の喧嘩もなく、イビサが大好きという共通項がありますのですぐに仲良くなれます。
東京から来たというと「マジで!?すごいね!」とドリンクをご馳走してくれたりします。
 
身分や国境など関係なく、好きな音楽で集まった人達が音楽で一つになれる空間…これがパーティーなんだ!と思ってもらえること間違いありません。
 
また、2010年くらいまではクラビングは夜限定だったのですが、最近ではUshuaiaなど、日中のパーティーができるホテルやビーチクラブも増えています。

f:id:myloveforibiza:20190412171137j:plain

ただ音量問題なども発生しているため、今後は制限がかかるとも言われていますので、今年開催していても来年はなくなっているイベントもあるかもしれません(そうならないことを祈りますが…)。
 
イベントの調べ方
イベントの各DJが確認できるカレンダーはこちらが一番充実しています。今年のイベント情報も結構載り始めています。
フライトやホテルをブッキングする前に、このサイトで各週のイベントをリサーチして、見たいDJが沢山いる週を狙ってイビサ入りするのが良いと思います。
 
チケットの購入方法
人気のイベントはチケットがソールドアウトしてしまう、また当日券が更に高いことも考えられますので、日本から予めネットでチケットを購入しておくのも良いと思います。
 
イビサタウンやサン・アントニなどの街ではチケット屋も沢山あり、当日券を買うことは可能です。ただ基本現金のみでの清算だったと記憶しています。チケット屋によって値段が少し違っていたりしますので、何店舗か確認して決めるのがいいと思います。
昔は元締めみたいなお店があり、そこが一番安かったですが、最近はあまり変わらないように見えるので、数店回るだけで大丈夫だと思います。
 
イビサのクラブはドリンクが高いので、ワンドリンク付いてるか付いてないかでも全然チケットの価値が違いますので、値段だけでなくドリンクも確認しましょう。

f:id:myloveforibiza:20190412170818j:plain

また朝方~午後くらいにはセス・サリナス、プラヤデンボッサビーチで各クラブがプロモーションをしていて、そこでディスカウント・チケットやディスカウント・リストバンドもらえることもあります。

f:id:myloveforibiza:20190412170502j:plain

ただディスカウントチケットは、「○○時までにエントリーする必要アリ」など制限がありますのでご注意ください。
 
ドリンクについて
イビサのクラブはドリンクが非常に高いです。人それぞれですが、チケット代と同じ、もしくはそれ以上クラブ内で使うと考えておくといいでしょう。
因みにクレジットカードが使えますので、現金がなくなっても安心です(お財布にとっては危険ですが…)。
 
ただ、2杯から、20ユーロ以上など制限がある場合もありますのでご注意ください。
 
次回からは、行くべきクラブをひとつづつご紹介していきたいと思います!

イビサで絶対体験してほしいこと7選

正直なところ、何もしないでも楽しいのがイビサ島です。
 
日中、地中海の風を感じながらビーチにいてるだけで、「今年も頑張って来てよかった…」と幸せな気分になります。
 

f:id:myloveforibiza:20190412163628j:plain

ビーチ以外にも楽しいアクティヴィティが満載のイビサですが、行ったら毎年必ずしている事が7つあります。
 
①世界最高峰のクラブでパーティー三昧

f:id:myloveforibiza:20190412163735j:plain

Pacha、Ushuaia、Amnesia、Hi、Privilege、Eden...イビサには大箱と言われるビッククラブが多数あり、ハイシーズンであれば毎日クラブイベントが開催されています。クラブミュージックに興味がなくても、クラブの内装が素敵だったり、お客さんがオシャレだったり、勿論音楽もサウンドシステムも最高なので、是非一度イビサナイトライフを体験してみてください。
 
②地中海No.1と名高いサンセットを堪能

f:id:myloveforibiza:20190412164222j:plain

Cafe del Mar、Cafe Mambo、Hostal La Torre、Kumuharasなど、サンアントニ地区にあるカフェやレストランから地中海に沈む夕日を眺める体験は、言葉では言い表せません。

世界中から集まった人達と、同じ夕日を観て同じように感動し、沈むと同時に自然と皆が拍手し始める…まさにイビサでしかできない体験なのではないでしょうか。

 

世界遺産でもあるイビサタウン旧市街地を観光

f:id:myloveforibiza:20190412164005j:plain

ヨーロッパの歴史に触れながら買い物・食事ができるイビサ・タウン。とても安全な区域ですし、素敵なカフェやレストランも多数あります。
シエスタ時(昼休憩、13:00-16:00が目安)には基本お店はクローズしていますが、そんな中、旧市街地の一番上に建つ教会から地中海そして市街地を眺め、静寂と共に時がゆっくり進んでいる体で感じるだけで、感動する事間違い無いです。
 
④ビーチホッピング & パワースポット「エス・ヴェドラ」

f:id:myloveforibiza:20190412164439j:plain

イビサのパワースポット「エス・ヴェドラ」。僕自身パワースポットに興味があるほうではないのですが、ここは大きなパワーがあると言わざるを得ない、とてもパワフルで特別な場所です。ここに行くためだけにレンタカーしてもいいくらいですよ。
 
イビサタウンやヒッピーマーケットでお買い物

f:id:myloveforibiza:20190412164700j:plain

観光客向けのお土産屋さんを横目に見つつ、まだ日本に入ってきていない「Pull & Bear」などのファストファッション、「Natura」などの雑貨屋など、日本では出会うことのない素敵なグッズの買い物も楽しいです。また島中でヒッピーマーケットも開催されていますので、ヒッピーカルチャー系の手作りの服やアクセサリーに興味がある方は是非行ってみて下さい。
 
⑥隣のフォルメンテーラ島

f:id:myloveforibiza:20190412165030j:plain

イビサから高速船で25分くらいで行くことの出来る島です。イビサでも十分クリアーな水質ですが、一段と透明度の高いビーチが楽しむことができます。朝出発して夕方イビサに戻ってくるだけでも十分楽しめますし、Juan Y Andreaというレストランに行くためだけに行ってもいいくらいです。
 
地中海料理を満喫

f:id:myloveforibiza:20190412164907j:plain

イビサには素晴らしいレストランが多々あり、そして料理のクオリティーに加え、店の雰囲気、空気感、BGMなど…食事をゆっくり楽しむために細部まで拘っているレストランが多いです。少し高いレストランでも、1年に1回のご褒美として是非行ってみて下さい。
 
と盛り沢山な島なのですが、例えばエス・ヴェドラは何回見ても感動しますし、その日の天候や季節などで、全然違う顔を見せてくれます。そしてその景色を見て今年は自分がどういうことを感じるか、ということでも自分の心理状態がわかるような気がするというのもあるのかもしれません。

f:id:myloveforibiza:20190412165216j:plain

 

これらをバタバタせず旅程に組み込むために、私の場合は、軽くではありますが、朝、昼、夕方、夜、深夜とカテゴリーを分けてアクティビティを事前に考えておくことが多いです。

 
例えばですが、
 
朝:ホテルで朝食、車でビーチに
昼:ビーチでゆっくり、そしてランチ
夕方:一旦ホテルに戻りシャワー、その後カフェデルマーに移動してサンセット
夜:イビサタウンに移動してディナー、ホテルに戻り休憩もしくは1杯
深夜:クラブに
 
という感じです。こういう風に組んでみますと、食事のタイミングで島のどこら辺にいるかが何となくわかりますので、行くべきレストランを探すヒントにもなります。
 
ぜひご自身に合うスケジュールを組んでみてください!

イビサでのレンタカーの借り方、レンタカーで行くべきところ

イビサは初めだし、どれだけ昼間動けるかわからないから運転するのは大変かな…」と、最初はレンタカーをしなかったのですが、数年経ってから車で島を走ってみたところ...本来の姿のイビサ、パワースポットとしての島の素晴らしさに感動し、それ以来毎年必ず車を借りるようにしています。
 

f:id:myloveforibiza:20190324205210j:plain

参考にしていたイビサ紹介サイトでも「レンタカーは是非したほうがいい」と書いてあったにも拘わらず、数年間その楽しさに触れず島を訪れてました…。
 
日本とは通行方向が逆であったり、ラウンドアバウトを攻略しないといけなかったりとハードルはありますが、日本で運転に慣れている方であれば問題ないと思いますので、是非レンタカーを検討してみてください。
 
1日だけ借りてEs Vedra島を見に行くだけでも価値があると思います!
 
レンタカーの借り方
私はレンタカーの比較サイト、rentalcarsで借りることが多いです。
 
 
ホテルの比較サイトと同じく複数サイトの価格を比較してくれるので安く借りれますし、AT/MTなどの細かい設定もきちんと書いてあります。日本語にも対応しています。Rakuten Travelも提携していますので、Rakuten経由で借りることもできます。
 
車の受け取り&返却は空港です。Hertzなど空港内にカウンターがあるレンタカー会社もありますが、安めのレンタカー会社の場合じゃ。空港からシャトルバスに乗って営業所に立ち寄り車を借ります。
 
SMSで連絡を取ることが多く、「ここらへんで待っててくれ」と言われるのですが、対外、空港を出て道路の向かい側にある駐車場で待ち合わせることが多かったです。
 

f:id:myloveforibiza:20190325155508p:plain

 
ただこの場所は私が借りていた会社が指定してきた場所ですので、レンタカーを予約した後に届くメールなどで指定場所を確認しておきましょう。
 
また他にも同じタイミングで営業所に行くお客さんがいたりしますので、実際にレンタカーを借りられるまで1時間半程かかると思ったほうがいいでしょう。
 
因みにイビサでのレンタカーの種類は圧倒的にマニュアル車のほうが台数・選択肢共に多く、また価格も安いです。AT車の希望の場合は早めに抑えておいたほうがよいでしょう。
 
では簡単ですが、車で行くべき観光地をご紹介します。
 
車で行くべきビーチ
プラヤデンボッサやタラマンカなど、レンタカーがなくても行けるビーチはありますが、少し遠くにある小さめのビーチに行くと、静寂な雰囲気の中ビーチでのんびりできますので、是非車で行ってみてください。
 
先ずはパワースポットEs Vedra島に最も近いビーチ「Cala d’hort」でしょう。
 

f:id:myloveforibiza:20190330120737j:plain

 
Es Vedra島の圧倒的なパワーを感じながらビーチでゆったり…できれば夕日まで楽しんでしまいたい場所です。
 
ここは車かバイクでしか行けず、また人気のビーチのため早めに行かないと駐車場はすぐに満杯になってしまいます。ただ駐車場に停められなくても、ビーチからは少し離れた道端にも停めれますのでご安心ください。
 
サンアントニから少し車で行くとある「Cala Comte」も素晴らしいです。
 

f:id:myloveforibiza:20190330121437j:plain

 

周りにはこれといって何もないんですが、逆にそれが良いところです。ここで夕日だけ楽しむのも素晴らしいですし、唯一あるレストラン「Sunset Ashram」のモヒートは最高です!
 
イビサ空港近くにある塩田の先にある「Ses Salines」ビーチもオススメです。 

f:id:myloveforibiza:20190330121106j:plain

 
プラヤデンボッサ地区からも近いので、朝少しだけ行くだけでも十分楽しめるかと思います。駐車場も大きめですが、満車の場合は少し離れた道端に駐車してください。ここにも沢山ビーチレストランがありますが、少し離れた場所にある「Sa Trinxa」は音楽・食事共に素晴らしいですよ!
 
また夕日を見るなら「benirras」ビーチでしょうか(写真は午前中ですが…)。 

f:id:myloveforibiza:20190330121226j:plain

こじんまりとした雰囲気が素敵なビーチですが、あまりの人気にバスが出ている程です。日曜日には「The Day of the drums」という、皆がパーカッションを叩き夕日を祝うイベントがありますので、午前中に行かないと車を停めるスペースを見つけるのが難しいかもしれません。
 
車で行くべきレストランやビーチクラブ
写真の「Atzaro」、「KM5」、「Amante Beach Club」、「Blue Marlin」など、車でしか行けないレストランやビーチクラブも沢山あります。食に興味がある方であればレストラン巡りのためにレンタカーしても良いと思いますよ。
 

f:id:myloveforibiza:20190330121706j:plain

 
因みにレストランによってはタクシーを呼んでくれたりもするのですが、自力で探さないといけない場合もありますし、呼んでもらったもののタクシーが来ず、レストランのスタッフが送ってくれたこともありました(笑)。
 
お酒が飲めないなどのデメリットはありますが(飲酒運転はダメです!)、是非自然のなかで地中海の様々な料理を堪能してみてください。
 
車で行くべきスポット
ビーチでもご紹介しましたが、パワースポット「Es Vedra」は是非実際に見ていただきたいです。日中でも、夕日が沈むタイミングでも、何故かずっと見続けていられる、自然に引き込まれてしまう魅力がEs Vedraにはあります。私も毎年必ずここを訪れています。

www.ibiza-spotlight.com

またイビサには、イビサタウンやサンアントニ以外にも「サンタ・エウラリア(Santa Euralia)」や「サン・ホアン(Sant Joan)」などの街があります。観光地ではない、1年を通じて島に住んでいる人達の生活を垣間見れたりしますので、是非候補に入れてみてください。

 

駐車場
イビサタウンやサンアントニなどは車を駐車するのも一苦労ですので、駐車場の場所を予め調べておくといいと思います。例えばイビサタウンであればここに大きな駐車場があります。
 
 
グーグルマップなどで予め駐車場の場所を確認しておくとよいでしょう。またレンタカーの営業所で確認するとよいかもしれません。
 
因みにホテルによっては駐車場がないホテルもありますが、大抵の場合路上駐車できますので、ホテルの指示に従ってもらえれば大丈夫だと思います。

イビサのホテルを安く予約してみよう

ホテルの予約ですが、ブログ化するまでもなく自分もhotel.com、expediaなどのサイトを比較しながら予約しています。
 

f:id:myloveforibiza:20190323145200j:plain

 
最近ですと、複数のホテル予約サイトを比較するTrivagoのコマーシャルを見ることが多いですが、Trivagoは確かに安いホテルを見つけやすいな、というのが個人的な印象です。

https://www.trivago.com/

 
Trivagoに加えて、Momondoという比較サイトでも意外と掘り出し系の部屋が出てきたことがあります。
 
ここはTrivagoでは扱っていない宿泊サイトも扱っていますので、例えばEl Pacha Hotelでも、価格は同じなのに一方は朝食付き、みたいなことがありました。Pachaホテルクラスの朝食は普通に買うと30ユーロ程度しますので、何泊もする場合はバカになりません。
 

f:id:myloveforibiza:20190323144815j:plain

ホテルは基本この2サイトで安値で予約できることが多いかと思いますが、航空券をexpediaで予約した場合、同時にホテルを予約すると割引がある場合もありますので、航空券を買ったときに付帯してくるサービスも必ず確認しましょう。
 
expediaやhotel.comなどは日本語対応していますが、安い部屋がある宿泊サイトは海外のサイトの場合が多いです。となると基本英語、クレジットカード必須になりますので、英語のサイトだとちょっと…という方であれば、エアトリ、楽天トラベル、じゃらんなどを利用するのがよいでしょう。
 
日本のサイトですとエアトリやJTBが、航空券を買った人に対してホテル代の割引をするサービスをしていますね。
 
そして民泊Airbnbイビサで使えます。
 
より安く泊まりたい!現地の生活スタイルを楽しんでみたい!ということであればAirbnbも選択肢にいれてもよいのではないでしょうか。
 
その場合も、泊まりたい場所を先に決めてから探すのがベストでしょう。
 
因みにタラマンカなどは別荘地のため、結構高値の宿が多かったですが、宿というよりかは億万長者の別荘を借りるような雰囲気ですので、そういった非現実感を楽しむのも面白いかもしれません。
 

f:id:myloveforibiza:20190323145021j:plain

高いホテルしかないエリアにも安く滞在できることもあると思いますので、自分でもいつか試してみたいなと思っています!

イビサのオススメホテル~その他のエリア、アグロツーリスモ編

イビサタウン、タラマンカ、プラヤデンボッサ、フィゲレタスと、4つのエリアのホテルをご紹介してきましたが、他のエリアにも泊まってみたいホテルがいくつかあります。

f:id:myloveforibiza:20190314161446j:plain

中心部から離れたところにあり、宿泊費も高いですが、それだけのホスピタリティが期待できそう…というホテルばかりです。

 
Hacienda Na Xamena
イビサの北側の絶壁に建つホテルです。イビサタウンやサン・アントニなどの主要都市から離れたところにありますので、基本的にホテルで一日過ごしたい方々にオススメですが、ホテルのレストランからの景色が昼も夜も素晴らしいので、宿泊しなくとも是非レストランでランチなど楽しんでみてください。 
 
ホテルの内装も素敵ですので、食事だけでなく一度泊まってみたいなと思っています。因みにレストランも、宿泊者のほうが眺めのよいところに座らせてもらえます。
 
Pikes Ibiza
Wham!の「Club Tropicana」のミュージックビデオが撮影されたホテルとして有名なホテルです。
 
著名人が良く泊まっているだけあり、インテリアもヒップなホテルです。最近ではホテルのオーナーの自主伝も発売されています。
 
サンアントニ地区から少し離れたところにありますので要レンタカーではありますが、著名DJによるクラブイベントも開催していたりしますので、イベントだけ行ってみても雰囲気が味わえるかと思います。
 
またイビサにはアグロツーリズム(農場などに宿泊し、自然の中で地元の生産物を楽しむ旅行スタイル)をベースとしたホテルもあり、イビサの自然の中で体内からクレンジングしたい、という方には是非トライして頂きたいです。
 
宿泊しなくとも、レストランは宿泊者以外も利用できますので、車のある方はレストランに行くがてら、ホテルの雰囲気も味わってみてください。
 
Atzaro
イビサの中心近辺にあるイビサの代表的なアグロツーリスモです。バーエリアではイベントも多々開催していますので、イベント時に行ってみるのも楽しいかと思います。
 
私も一度、好きなDJがプレイしていたので行ってみましたが、DJとも近い距離で話が出来るので、とても良い体験になりました。
 
La Granja
イビサで長年レジデントイベントを持っているDJが雑誌で薦めていたアグロツーリスモです。オフィシャルHPも素敵ですのでとても気になっており、一度泊まってみたいなと思っています。